天沼尚和会

総会

平成26年度天沼尚和会総会

5月18日(日)16時から東信閣で天沼尚和会の総会が行われました。

平成26年度天沼尚和会総会資料PDFをダウンロード

今年の総会はタウンセブンの会場から東信閣に替わったために参加者が減るのではないかと

心配しましたがお客さまを含め58名の方が参会されました。

総会は「防犯部」「防災部」「環境・リサイクル部」「厚生福利事業部」の各部部長から平成25年度の活動報告と平成26年度の事業計画案が上程され了承されました。

・防犯部はパトロールが主な活動で計画パトロールと任意パトロールがあり計画パトロールは月8回、年間86回の実績がある。その他自主的パトロールを含め長寿応援ポイント対応パトロールは706シールになる。26年度の活動はは25年度と同様になるが会員を増やし実施したい。

・防災部はスタンドパイプを購入したが26年度も1~2基の購入を検討している。防災訓練も例年と同様に弁天池公園で6月1日に開催することが報告された。

・環境・リサイクル部はクリーン作戦が自主的になったのを機に尚和会では毎月第一月曜日をクリーン作戦の日と決めている。今年も継続の事業とする。またゴミのマナーや省エネについても検討していく事が報告された。

・厚生福利事業部は25年度に南陽園の見学会を実施した。26年度も見学会、講習会を実施予定である。昨年の途中から部長が鶴岡さんから渡辺さんに替わったとの報告があった。

・その他の事業では弁天池公園花咲かせ隊、弁天池公園ラジオ体操、天チャリ、天小の夏休みのラジオ体操など活動実績と計画案が報告された。

第2部

・荻窪消防署(天沼出張所)の山崎さんから昨年から今年上旬にかけて天沼で発生している火災の説明があり火災報知器の設置とメンテナンスの重要性を語られた。

・山下議委員:ラジオ体操を通した健康づくりとコミュニティーの話がありラジオ体操に参加するメリットを感じて欲しい、また区としても健康づくりを進めている。

・佐々木議員:天沼地域のまちづくりは高齢者向けの施設ばかりではなく元気な天沼を作るべきではないか。皆さんの意見を聞きたい。

・島田議員:天沼は杉並区では待機児童が比較的受け入れやすい状況で、高井戸や浜田山はこれから整備をしていく必要がある、区政は杉並区全体のバランスを取りながら進めていかなければならない。

各議員は懇親会にも出席して住民の皆さんの意見や問題点など熱心に聞いていただきました。

懇親会では「互近助」のお付き合いで和やかに楽しい時間をすごしました。