天沼尚和会

事業報告

天沼尚和会防災訓練 7月1日(日)

102 - 102<>

 

天沼尚和会防災訓練を7月1日(日)に天沼弁天池公園で10時から12時に開催しました。

 

”地震が起きたときのシミュレーション”がテーマです。

今、公園で地震が起きました。知らない人同士がコミュニケーションを取りながら

共助をどうやって実践するのか?

集まった方に10のグループを組んでもらいました。公園に遊びに来た人やチラシや

ポスターを見た人等が1グループ5〜6人の編成を組みました。

今あるものは、「2Lの水」「缶詰のパン3個」「おかゆ3袋」「45Lのごみ袋」「ダンボール」

その他、衛生のために「ビニール手袋」「はさみ」「テープ」です。

最後に各グループを代表して1名が体験発表をしてもらいました。

”一人ではできない事もみんな集まれば知恵がでる”というコメントがありましたが各グループが

知恵を出しながら少ない食べ物を均等にどうやって食するのかごみ袋は寒い日には暖をを取るににも使える、缶詰のふたは包丁代わりになる等、貴重な体験をした時間でした。

参加人数は75名です。

 

天沼尚和会パンフレット

天沼尚和会では7月1日の防災訓練への理解(防災地図を掲載)を図るために

天沼尚和会パンフレットを作成しました。

訓練後には町会活動を周知するために町会未加入な方や新しく転入された方へ

お渡しし天沼尚和会の活性化に繋げたいと思っています。

 

 

スタンドパイプ訓練

2 - 2<>

6月3日に天沼尚和会範囲の2丁目でスタンドパイプ訓練を天沼消防所指導のもと近隣の方を中心に行いました。尚和会には現在8器のスタンドパイプを個人宅やマンションに設置していただいています。今後も設置近隣の方に参加いただきながら訓練を続けていきたいと思っています。