助けられ上手と見守り

弁天池公園ラジオ体操会では独り暮らしの方が3日間連絡のない場合は見守り(ケア24、担当民生委員に連絡等)をすることにしました。登録制で長寿応援ポイント配布シートを活用しています。

弁天池公園ラジオ体操

6月1日から尚和会主催の弁天池公園ラジオ体操を約50日ぶりに再開しました。長寿応援ポイント対象の75歳以上の方が53名。全体では70名以上の参加者になります。

 

4月10日から公園も個人利用になり挨拶もそこそこに音楽に合わせて身体動かして帰るだけだったのが少し会話が増えたようです。

 

今日90歳の誕生日の方から自粛中も体操を続けていたお礼の言葉をかけてもらいました。高齢者の運動は特に85歳を過ぎると重要なことでフレイルの一歩手前の方には大切な時間です。

今度は子ども用マスクが届きました

前回は約70枚の大人のマスクでした。今回は子ども用のやや小ぶりなマスクが60枚届きました。

社会福祉協議会に持っていきました。手作業なので大変な動力だと思います。可愛いマスクで保育園や学校に行けるといいですね。

 

コロナウイルス禍の中で

コロナウイルス禍で町会活動も自粛中ですが

高齢者の一人暮らしの方はどうしているのか?

心配です。運動不足でフレイルになることもあります。日常生活にも支障が出ます。少し遅くなりましたが80歳以上の方に葉書を出しました。

マスク寄付

天沼尚和会の役員会の方が手作りのマスクを約70枚持ってきました。ミシンを使わず手縫いです。

50枚を社会福祉協議会に渡しました。町会活動は自粛中ですがこうした行為はとてもありがたいです。

ありがとうございました。

 

 

 

天沼尚和会宛てサージカルマスク500枚の寄贈があったので地域課に届けました。

医療・保健関係で使用してもらうとうれしいです。